立地 – DPI Hải Phòng

立地

ハイフォン市はホーチミン市、ハノイ市の次にベトナムで第3位の大都市となります。ベトナムの北東海岸で、東南アジアにおいて巨大な湾であるトンキン湾に立地し、首都ハノイから102km、ベトナムと中国の国境ゲートから200km程の距離のところで、ハイフォン市は港湾都市、北部ベトナムの国際貿易の主要拠点となります。

トンキン湾(ハイフォン、クワンニン)西部経済地帯及び北部海岸経済地域(クワンニン、ハイフォン、タイビン、ナムディン、ニンビン)の中心地、又ハイフォンーハイズオンーハノイーヴィエッチーイエンバイーラオカイ(以上、ベトナムの各都市)-蒙自-昆明(中国);ハイフォンーハイズオン-ハノイ-ランソン(以上、ベトナム各都市)ー南寧(中国)という都市部回廊網の中心地なので、経済面で有利な立地です。尚、ベトナム-中国の「2つの経済回廊・1つの経済周縁」という経済発展協力の主要点だとみなします。

現在、ハイフォン市は市部の7区(ホンバン区、レチャン区、ゴクエン区、キエンアン区、ハイアン区、ドソン区、ズオンキン区)、郡部の8区(アンズオン区、アンラオ区、キエントゥー区、ティエンラン区、トゥーグエン区、ヴィンバオ区、バクロンビー島、カットバー島)を含めた15区があります。

図1:ハイフォン市の立地図