経済社会情報

ハイフォン市の経済・社会情報

ハイフォン市の概要

(2017年10月31日時点更新)

面積

標高

気候

平均気温

湿度

年間降雨量

1,519 km2

海抜0.7~1.7m

亜熱帯気候

230~240C

85~90%

1,600~1,800mm

行政区面 市部の区数:7区

郡部の区数:8区(カットバーとバクロンビーの2島地区を含む)

人口 190.8万人

労働力:118万人

訓練された労働者の割合:75%

投資部の市民の割合:46.1%

GDP 56.2億ドル
GDP成長率 10.17%
一人当たりのGDP 2,857USD
GDP構造 工業・建設業: 37.84%

サービス業: 54.53%.

農水林産業: 7.63%

貨物取扱量 9,200万トン
FDIプロジェクト件数 469件
登録FDI資本総額 145.2億ドル

国内総生産(GRDP):2017年のGRDP(2010年比価格)は119.6989兆ドンで、前年同期より14.01%増え、企画より高く増加した(企画によると、GRDP成長率が12.5~13.0%)。その中、農林水産業が前年比2.92%増、工業・建設業が19.94%増、サービス業が11.1%増となってきました。経済構造はサービス業:工業・建設業:農林水産業:税金(補助金を除く)が51.7%:36.7%:5.5%:6.1%となります。一人当たりのGRDP(現在価格)が3,770ドルで計画を達成しました。

鉱工業生産指数(IIP):2016年同期より21.6%増え、計画より増加しました(計画:17.5~18.5%)。

貨物取扱量:約920.5万トンで、前年同期より16.67%増え、計画を達成しました。

農林水産業の生産総額:14.5132兆ドンで前年より2.93%増え、計画より増加しました(計画:1.35~1.46%)。その中、農業生産指数が1.47%、林産業生産指数が16.94%、水産業生産指数が6.74%伸びました。

旅行者数が67.06万人で、前年同期より12.45%増え、年間計画の100.1%となります。その中、国際旅行者が81.1万人、前年より8.37%増加しました。

国債金融:2017年に66.86394億ドン納付され、前年同期より12.52%増えました。その中、関税:42.5億ドン、地域国債:24.36394億ドンで26.89%増加しました(国内収納:21.5003億ドン、26.2%増。他の収納:2.86364億ドン、31.8%増)

全社会投資総額:実施総額が67.853兆ドンで、前年同期より20.34%増加し、計画の105%と達成しました。

資料:ハイフォン市計画投資局