3 Tháng Tư, 2020

市人民委員会は、日本の訪問団と会談した

12月4日、市人民委員会のグエン・ヴァン・タイン副委員長が小野井義樹副委員長が率いる民間外交推進協会(FEC)の訪問団と会談しました。 タイン副委員長は、都市の投資環境、社会経済開発状況、投資優遇措置、ビジネス環境などについて紹介しました。 また、小野井佳樹氏は、ハイフォンの最近の印象的な経済成長を高く評価しました。ハイフォンに投資しているいくつかの日本企業についての訪問の事実から、訪問団は、これらの企業が生産とビジネスに投資する都市を選ことを高く評価しました。
26 Tháng Ba, 2020

ハイフォングーリン成長推進計画

12月10日、ハイフォン外務局は経済特区管理委員会、ナム・カウ・キエン工業団地と日本環境省と力を合わせ、ハイフォングーリン成長推進計画の代表的な事業を報告し、エコインダストラリアパー構造事業についてのワークショップを行いました。ハイフォン市人民委員会のグエン・ヴァン・タイン副委員長及び関連省庁機関の代表が参列しました。 2014年から、ハイフォン市は北九州市と連携して、環境に優しいハイフォングーリン成長推進計画を策定しました。5年の実施後、ハイフォン市と北九州市は15のパイロットプロジェクトを開始するために協力しました。北九州市アジア低炭素化センターの支援を受けて、今後、ナム・カウ・キエン工業団地はエコインダストラリアパークとして建設させるために尽力を尽くします。これはハイフォン市のグーリン成長計画に繋ぐ事業の1です。
6 Tháng Ba, 2020

グエン・スアン・フック首相と韓国のムン・ジェイン大統領と会談 韓国で第1回メコン韓国サミットに参加する際にあたり

グエン・スアン・フック首相と韓国のムン・ジェイン大統領と会談 韓国で第1回メコン韓国サミットに参加する際にあたり、ベトナムグエン・スアン・フック首相と韓国のムン・ジェイン大統領とソウルで会談しました。 会談で、フック首相と韓国のムン・ジェイン大統領はお互いに信頼的な関係をよく促進し、外交、安全、国防などの分野における対話規制を引き続く維持することを一致しました。 フック首相は国連国際法委員会委員のメンバーとするベトナムは北朝鮮に関する問題は積極的に参加すると明らかにしました。 会談の直後、フック首相と韓国のムン・ジェイン大統領の立ち合いで、 海運、船員育成におけるベトナム貿易促進局と韓国投資促進機構間の協力覚書の調印式が行われました。
28 Tháng Hai, 2020

フェニカー(Phenikaa)大学とフェニカー科学技術発展激励基金を発表

先ごろ、ハノイで、フェニカー(Phenikaa)大学と フェニカー科学技術発展激励基金が発表されました。ベトナム副首相ヴ・ドック・ダムが出席しました。 ダム副首相は社会に貢献する人材育成におけるフェニカーグループの取組を認め、高く評価し、フェニカーグループが世界大大学の質的に相当に相当する フェニカーグループの代表はフェニカー大学をアジア最良大学トップ100に目指す目標を述べました。 この機に、フェニカー科学技術激励基金にグループの税引後利益から差し引かれた初期投資1兆ドンを発表しました。
27 Tháng Hai, 2020

第1回メコン韓国サミット

11月27日、韓国ブサン市で第1回メコン韓国サミットが開催されました。 韓国・カンボジア・タイ・ミャンマー・ラオス・ベトナムの 6ヵ国の指導者らが出席しました。 ベトナム政府首相グエン・スアン・フックが率いるベトナム代表団は出席しました。 メコンと韓国のパートナーシップを樹立してから8年が経過したのは各国の首脳指導者らが将来の協力について議論するのは今回で初めてです。 「繁栄を共有するためのメコン・韓国の協力」をテーマにしたこのサミットでは、6ヵ国の指導者らは、メコン川流域諸国と韓国との協力をサミットのレベルに格上げすることを高く評価しました。 サミットで発言に立ったフック首相はこの協力は、「平和強化」・「国民を中心とする経済発展」天然資源保護、環境保護と経済発展を両立させる」という3本柱と主目標に支えられると強調しました。 サミットで、指導者らは、「国民・繁栄・平和のためのパートナーシップを樹立するメコン川・漢江宣言」を採択したほか、第2回メコン・韓国サミットを2020年に ベトナムで開催することで一致しました。
20 Tháng Hai, 2020

ハイフォンの3人の学生に、候補者311人が散会した全国 スピーチコンテスト政大学カップ大会の優れた成績がありました

最近、ハイフォンの3人の学生に、候補者311人が散会した全国 スピーチコンテスト政大学カップ大会の優れた成績がありました。 これは、法政大学(日本)が外国語大学(ハノイ国立大学)と 共同で開催する年次活動です。 今年のテーマは「私を変えるもの」であり、3ラウンドの競争を通じて、ハイフォントランプー高校のの3人の候補者が、2つの第1位、1つの第2位と 「お気に入りの候補者」1人を優秀に獲得しました。 第1位を獲得した2人の学生は、2020年4月に1週間で日本を訪問に行かせる予定だそうです。
22 Tháng Mười Một, 2019

市人民委員会の常務委員は市における投資プロジェクトについてGeleximcoグループと打ち合わせる。

4月12日の朝、市党の常任委員会は、Golexicomco Groupと協力して、Do Son地区のVan Huong区でのDoi Rong国際観光プロジェクトおよび市内のいくつかのプロジェクトに投資しました。 党中央委員会のメンバー、市党委員会の秘書、市人民評議会の議長であるル・ヴァン・タン氏が会議の議長を務めました。 会議には同志が出席しました。市党委員会の常任副書記、Hai Phong人民委員会の委員長であるグエン・ティ・ニア。 Nguyen Van Tung、市党委員会副長官、市人民委員会委員長; グエン・スアン・ビン、市政委員会常任委員会委員、市人民委員会常任副議長、ドゥソン省、支部、地区のリーダー。 Geleximco Groupからは、Vu Van Tien取締役会会長がいました。 打ち合わせの雰囲気 現地調査の結果から、Geleximco Groupは、Do Son地区のVan Huong区の海水面の基礎にある500ヘクタール近くの面積を持つDoi Rong International Tourism Areaのプロジェクトに投資する予定です。会議、エコツーリズムの都市センター、観光のための高級リゾートなどの主要な機能を含む、現代の国際基準で開発することを志向している。 5つ星ホテル。レクリエーションエリア、ゴルフコース、その他のサービス。同時に、当グループは、2,000トン/日の能力を持つThuy Nguyen地区のエリアで廃棄物焼却技術による固形廃棄物処理プラントに必要な条件、研究、投資を行い、廃棄物処理を行っています。国内の医療廃棄物、総投資額約2億ドル。日立テクノロジー(日本)の最先端のエネルギー効率の良い燃焼技術を使用しています。グループは、多くの環境にやさしい電力プロジェクトを成功裏に実施するのに十分な財政的、技術的および経験的能力を持つことにコミットしています。市によって承認および認可された直後にプロジェクトを展開する準備ができているため、プロジェクトを最短時間で運用できます。 代表者の報告と意見を聞いて、ルヴァンタン氏はHai PhongのGeleximco Groupの投資計画を高く評価しました。 […]
22 Tháng Mười Một, 2019

直接に成長促進及び持続発展ためのプロジェクトに集中する。

2月22日の午後、Nguyen Xuan Binh常任副会長は、世界銀行のインフラ担当副社長であるMakhtar Diop氏と協力しました。 会議には、運輸省、計画投資局、Hai Phong経済圏局のリーダーが出席しました。 Nguyen Xuan Binh常任副委員長は、Makhtar Diop氏がHai Phong市を訪問し、働くことを歓迎することを喜んで表明した。 世界銀行(WB)とHai Phongの協力に言及して、常任副大統領は、市の経済発展への積極的な支援に対して長年にわたってWBに感謝の意を表明した。 ローンおよび技術支援プログラムを通じて。 これまで、世界銀行は、市の社会経済発展を支援するために、合計約2億6500万米ドルの助成金、譲許的融資、融資をHai Phongに提供してきました。 。 世界銀行が資金を提供するプロジェクトには、以下が含まれます。 Kien An給水プロジェクト。 1B排水プロジェクト。 Hai Phong市の低所得住宅地のインフラ整備プロジェクト。 Hai Phong市都市交通開発プロジェクト; Hai Phong市(Liftsap)の家畜と食品の安全性の競争プロジェクト。 土地管理と土地データベースの強化に関するプロジェクトがHai Phong市で実施されています。 プロジェクト林業部門の近代化と沿岸の回復力の強化。 […]
8 Tháng Mười Một, 2019

Hai Phongにおける投資環境について調べるために、市人民委員会副委員長、Nguyen Van Thanh氏がポルトガル領事を接待する

(Haiphong.gov.vn) –.5月28日の朝、市人民委員会副委員長のNguyen Van Thanhは、ホーチミン市のポルトガル領事館のAfonso Vieira氏を受け入れ、Hai Phong市の投資環境について学びました。 ポルトガル商工会議所のベトナム大統領であるティアーゴ・マセド氏が同行。 温かく開かれた雰囲気の中で、市人民委員会副委員長のグエン・ヴァン・タンは領事に、市のいくつかの顕著な特徴と社会経済開発の成果を伝えました。 副議長は、Hai Phongは北で最大の港を持つ地域であり、100年以上の厚さを持ち、世界の海図で名前が付けられていると述べました。 市内には、道路、内陸水路、航空、鉄道、海上ルートの5種類の交通機関があります。 近年、Hai Phongは多くの大企業や外国投資家にとって魅力的な目的地であると考えられており、現在、市にはビジネスを支援する多くのインセンティブメカニズムがあります。 会議では、アフォンソ・ヴィエイラ氏は、Hai Phongがダイナミックで発展途上の都市であることを高く評価しました。 彼は、今回の市内訪問中に、代表団は、商業、不動産投資環境、教育、観光、文化の分野での協力を学び、促進したいと述べた…そのHai Phong この省は、ベトナムの最優先事項の1つであるポルトガル商工会議所です。 また、両国間の友好と協力の前向きな進展を強調し、両国が現在の3億5000万米ドルから10億米ドルへの貿易回転率の増加に努力することを望んだ。 皆が記念写真を撮っている。 ポルトガル領事館は、市の指導者たちが与えた良い愛情に感謝し、今日の訪問と仕事が、両国間の協力の促進に貢献するための好ましい機会になることを確認した。 双方は、両国一般と特にHai Phong市との関係に新しい発展段階を開いた。
31 Tháng Năm, 2019

北九州方式高度浄水処理、ベトナム6都市で実験

JICAの草の根技術協力事業の一環として、浄水場の電気設備工事を手掛けるユニ・エレックスと北九州市などは、ハイフォン市などベトナム6都市で独自の高度浄水処理技術の実証実験を始めました。 本事業は,ベトナム・ハイフォン市において北九州市水道局が特許を持つ上向流式生物接触ろ過(U-BCF)の技術を用いた浄水施設を整備することにより,ハイフォンの給水の水質改善を図り,もって同市の公衆衛生の改善,持続可能な発展及び脆弱性への対応に寄与するものです。 U―BCFは河川など水源にすむ微生物を活用して悪臭の原因となるアンモニアなどを分解する仕組みがあります。施設の建設費が通常の高度処理に比べて約半分、運用コストも20分の1で済むということです。終期報告会の参加者らはベトナム6都市で展開された事業の効果を報告し、運営経験について共有しました。この実証実験事業の結果はベトナムでUBCF事業の拡大を目指す前提になります。