11月26日午前、ハイフォン市人民委員会のレー・カック・ナム副委員長は商業、観光、サービスの分野での税損失予防対応をテーマとした会議を主催しました。

会議で、ナム副委員長は税務局が予算歳入額27兆ドンに達することに貢献すると強調しました。

ナム副委員長はハイフォン税務局に対し、公安局と連携して、宿泊提供施設の活動を検査し、2020年一四半期において、宿泊提供施設管理ソフトウェアを提案して、市人民委員会に報告するよう求めました。

会議を結論に立ったナム副委員長は税務局に対し、交通局と連携して、道路運輸経営業者の管理を強化し、タクシー経営管理ソフトウェアを作り 商工局と公安局と連携して、(株)ロンフンと力を合わせ、ハイフォン支店を開き、税務局で環境保護税を納税するよう要請しました。

また、ガソリン経営業者に対し、ハイフォン予算に歳入するために 市で税コードを開くよう求めました。