11月27日、韓国ブサン市で第1回メコン韓国サミットが開催されました。

韓国・カンボジア・タイ・ミャンマー・ラオス・ベトナムの 6ヵ国の指導者らが出席しました。

ベトナム政府首相グエン・スアン・フックが率いるベトナム代表団は出席しました。

メコンと韓国のパートナーシップを樹立してから8年が経過したのは各国の首脳指導者らが将来の協力について議論するのは今回で初めてです。

「繁栄を共有するためのメコン・韓国の協力」をテーマにしたこのサミットでは、6ヵ国の指導者らは、メコン川流域諸国と韓国との協力をサミットのレベルに格上げすることを高く評価しました。

サミットで発言に立ったフック首相はこの協力は、「平和強化」・「国民を中心とする経済発展」天然資源保護、環境保護と経済発展を両立させる」という3本柱と主目標に支えられると強調しました。

サミットで、指導者らは、「国民・繁栄・平和のためのパートナーシップを樹立するメコン川・漢江宣言」を採択したほか、第2回メコン・韓国サミットを2020年に ベトナムで開催することで一致しました。