ディンブー・カットハイ経済区

ディンブー・カットハイ経済区は2008年1月10日付06/2008/QD-TTg号 ベトナム首相の決定によって設立されました。これはベトナムにおいて主要となる海沿い経済区5区の1区です

概要:

・総面積:22,540ha(関税区、非関税区含む)。1438/2011/QD-TTg号の決定による(39/2013/QD-TTg号の決定で規定追加)

・人口:

  • 2010年:106,823人
  • 2025年予測:310,000人

・土地:自然土地の総面積が22,140ha。その内:

  • 非関税区の土地:1,258ha
  • 関税区の土地:12,932ha
  • 他の土地:8,350ha

・港システム:1,046ha。その内:

  • ハイフォン国際ゲートウェイ港湾(ラックフエン深水港):640ha
  • ディンブー港:251ha
  • ナムディンブー港:144ha
  • カットハイ港(鮮魚専用港):11ha

・工業団地:

  • ベンルン工業団地:319ha
  • VSIP工業団地:698ha
  • チャンズエ工業団地:400ha
  • ナムチャンカット工業団地:138ha
  • ディンブー工業団地:681ha
  • ナムディンブー工業団地:867ha
  • カットハイ・ラックフエン工業団地:1,447ha

・倉庫:209ha

・公共センター:761ha

  • ナムカットビー空港用サービス提供センター:22ha
  • 都市部におけるサービス提供センター:739ha

・専用センター:2,105ha

  • 医療施設:7ha
  • 教育・訓練施設:69ha
  • 旅行・リゾート:87ha
  • 公園、植木:自然面積が1,839ha
  • 国防用地:103ha

・都市部:2,062ha

  • ベンルン都市部:390ha
  • VSIP都市部:364ha
  • ナムソンザー都市部(ザー川からVSIP都市部とベンルン都市部との境界線):371ha
  • ナムチャンカット都市部:629ha
  • カットビー国際空港都市部:221ha
  • カットハイ都市部:87ha

・交通インフラ:2,196ha

  • 対外交通インフラ(港を除く):557ha
  • 体内交通インフラ:1,474ha
  • インフラ施設:165ha

・用地企画:

他の用地:8,350ha

  • 植木:3,133ha
  • 水上面積:5,217ha
  1. 用地企画:

非関税区:1,258ha

機能:財政・銀行サービスセンター、管理センター、ショールーム、税関施設、輸出加工区。

  • ナムディンブー区:448ha
  • ラックフエン港区:810ha

投資インセンティブ

ディンブー・カットハイ経済区に入居する企業に対して、以下のように投資インセンティブが適用される。

税金 経済区のインセンティブ 通常税率 備考
法人所得税 15年以内:10%

最初の4年間:免税

次の9年間:税率半減。

20% 218/2013/ND-CP号政令によって投資家の新規プロジェクトが売上が出る初年から適用する。
個人所得税 経済区で直接働く人に対し、税率半減。 削減無し
付加価値税 – 経済区と海外法人・機関の間又は各経済区間の取引商品・サービス:免税。

– 非関税区で販売・提供される商品・サービス:税率0%。

209/2013/NĐ-CP号の政令による
特別消費税 特別消費税を課税しない対象:

– 海外から非関税区に輸入された商品。

– 国内から非関税区に販売され、非関税区内だけ使用される商品。

– 非関税区間の取引商品(24席以下の車両を除く)

26/2009/NĐ-CP号の政令による
土地・水上面積の賃貸費 土地・水上面積の賃貸費が以下のような場合に賃貸期間に無料とする。

–特別奨励プロジェクトリストにおいて、社会経済条件が特に困難な地域に投資するプロジェクト。

– 工業団地で働いているワーカー向け住宅を建設するプロジェクト。

– 工業団地内インフラ建設用地。

以下の場合に基盤建設後に土地・水上面積賃貸費を無料とする。

– 社会経済条件が特に困難な地域に投資するプロジェクト:11年間。

– 特別奨励プロジェクトリストにおいて、社会経済条件が特に困難な地域に投資するプロジェクト:15年間。

46/2014/NĐ-CP号の政令による

資料:ハイフォン市計画投資局

 

Comments

comments